※現在、新型コロナウイルス感染症により、記事に掲載している店舗や施設等は、営業時間を変更している場合がございます。
事前にホームページ等で確認の上、訪問されることをおすすすめいたします。

千葉県袖ヶ浦イルミネーション東京ドイツ村

関東で人気のイルミネーション!東京ドイツ村に行ってみた!!(2018~2019年)

冬になると夜をカラフルに彩るイルミネーションは、やはり素敵ですよね。

毎年、電球の数を増やし、規模を拡大して行われるところが多い中、電球数250万球と他と比べると比較的少なめにも関わらず、関東でも人気の1つにあげられる東京ドイツ村に行ってきました。

2018年~2019年のテーマは「ドイツ村の奇跡」

イルミネーションが開催される期間は、2018年11月1日~2019年4月7日まで。

イルミネーションの点灯は、日没から21時。日没は時期によって変わるので、点灯時間も期間によって異なります。

ドイツ村は、入園料がなく、各アトラクション料金が発生するのですが、イルミネーション期間中は駐車場料金がかかります。

普通乗用車で2,500円、交通機関などを利用して徒歩で来場した場合のみ、入園500円です。

さっそく、入園!

入り口を入ると建物に飾られたイルミネーションが輝いていました。


7色の虹色に輝く光は、幻想的でした。

花壇をイメージしたイルミネーションもありましたよ。

かわいらしいお花のイルミネーションが並んでいました。


記念撮影のポイントも順番待ち!

ここまでは、すべて入り口すぐの「マルクトプラッツ」というエリアなのですが、さらに時間によって音楽に合わせて光が点滅する光と音のショーも行われています。

最初の部分が一部音切れしてますが、ご覧ください!

音楽は回によって、変わるようでした。

そして、広々としたイルミネーションエリアには、色とりどりの光が!


ドイツ村は、春には菜の花、夏にはひまわりなど、この広い敷地にたくさんのお花が咲きます。

広大な敷地のため、イルミネーションも壮大です。

たくさんの色を使ったイルミネーションは、とてもキレイ!

記念撮影スポットもいろんなところにあります。

さらに、見晴台(みはらしだい)へ行くと、高台からイルミネーションを見渡せます。

絶景でした!!!

不死鳥をイメージした光の地上絵が見事でした!

見晴台からの眺めは、おススメです!

そして、虹のトンネル。光の中をくぐるイルミネーショントンネルはロマンチックですね!


どれも色使いがキレイで、250万球しか使っていないのには驚きです。

トンネルを出ると、音楽隊が演奏しているところをモチーフにしたイルミネーションも。

動きを付けて、演奏している様子を表しているところも造りが細かいです。

園内にあるお蕎麦屋さんもイルミネーションで飾られていました(笑)

お花畑を表しているようなイルミネーションですね。

あれ? よ~く見ると真ん中あたりに動物らしき形が・・・

アップにしてみると・・・

分かりますか? ドイツ村のキャラクターの1つ「カール君」のようですよ(笑)

カール君の詳細は、ホームページをご覧くださいね。

年間通して楽しめる東京ドイツ村

ドイツ村は、ドイツの田舎風景をイメージしているそうです。

今回は、イルミネーションをご紹介しましたが、東京ドイツ村は観覧車や釣り堀、芝ぞり、自転車などのアトラクション。

パターゴルフなどのアミューズメントもあります。

また、季節に合わせたお花畑も鑑賞できます。

子供から大人まで楽しめるものが盛りだくさん!

千葉県なのに、なぜ「東京」??

東京湾アクアラインが開通して、首都圏から近くなったことに由来しているそうです。

いろいろ楽しめる東京ドイツ村。おすすめです!

詳細情報

名称:東京ドイツ村

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

TEL:0438-60-5511

営業時間:イルミネーション期間 9:30~21:00 (最終入園 20:30)、通常期間(イルミネーション期間外)9:30~17:00 (最終入園 16:00) 年中無休

ホームページ:http://t-doitsumura.co.jp/ 

このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

Change Language