※現在、新型コロナウイルス感染症により、記事に掲載している店舗や施設等は、営業時間を変更している場合がございます。
事前にホームページ等で確認の上、訪問されることをおすすすめいたします。

レジ袋有料化コンビニ

【日本】2020年7月からレジ袋が有料になりました

日本では2020年7月からレジ袋の有料化がなされました。

一部の素材などを除き、買い物時に今まで無料でついていたレジ袋が有料化されます。

20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合で、小売店などで配られるレジ袋について、有料化を義務付ける方針を明らかにした。政府として時期を明言したのは初めて。G20の主要テーマとなる海洋プラスチックごみ(廃プラ)対策の一環。消費者に身近なレジ袋を有料化することで、使い捨てプラスチックに対する意識の変化を促す。
引用:日経新聞

 今まで一部の店舗では実施されていましたが、2020年7月から全店舗での有料化となりました。コンビニ・ドラッグストアなども対象になります。

1枚あたりおよそ2円〜10円程度で購入することができます。

会計時に購入が必要になる

店員から「レジ袋は必要ですか?(Rejibukuro ha hitsuyoudesuka?)」「袋はいりますか?(Fukuro ha irimasuka?)」などを聞かれた場合には以下の用に答えると良い。
※meaning: Do you need a plastic bag?

レジ袋希望時

「レジ袋ください」(Regibukuro kudasai.)

「袋ください」(Fukuro kudasai.)

レジ袋不要時

「レジ袋いりません」(Regibukuro irimasen.)

「袋いりません」(Fukuro irimasen.)


このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

Change Language