※現在、新型コロナウイルス感染症により、記事に掲載している店舗や施設等は、営業時間を変更している場合がございます。
事前にホームページ等で確認の上、訪問されることをおすすすめいたします。

Baybike横浜横浜中央卸売市場カフェオムニバスカフェドゥラプレス馬車道十番館山下公園ロイヤルアスコット

Baybikeで出かけよう! 横浜駅〜横浜中央卸売市場〜山下公園編

横浜観光に便利なbaybike(ベイバイク)

現在baybikeの登録者数は約9万人で、会員登録をすると30分¥150(税抜き)で電動アシスト付自転車をレンタルできる便利なサービスです。

今回は横浜駅スカイビル前の乗り場(ポート)からスタート。

会員登録、レンタル方法等は以前こちらで紹介した記事を参考にして下さい。

”Baybikeで出かけよう!桜木町駅〜マリン&ウォーク編”

http://tabifun.com/ja/articles/baybike_minatomirai


まずは横浜中央卸売市場へ

会員登録を済ませたら、マイページから貸出予約をします。

ポート一覧から駐輪場と利用する自転車を選びます。

(横浜スカイビル前〜横浜市中央卸売市場)

海沿いは景色が最高ですよ。

写真はもちろんですが、ランニングスポットとしてもオススメです。

左手に市場が見えてきました。

ベイバイクの駐輪所は市場の反対車線にあります。

横浜駅から市場まで12分程で着きました。

市場へ行くには最寄り駅(みなとみらい・新高島)から徒歩20分程かかるので自転車は大変便利ですよ。


ハマの市場は楽しい

首都圏では築地や豊洲市場が有名ですが、横浜の市場も注目です!

横浜市中央卸売市場の”一般開放日”は毎月第1、第3土曜日に開催。

2008年秋から始まった地域交流事業の”一般開放日” は横浜市民にとって欠かせないイベント。

一般開放日は無料で「魚河岸汁(うおがしじる)」が配布されたり、「マグロ解体ショー」、「地魚の詰め放題」や「お魚裁き体験(おさかなさばきたいけん)」など大人から子供まで楽しめるイベントが充実。

食堂街もあり、お寿司はもちろん、定食やラーメンもいただけますよ!

一般開放日は魚離れの風潮を少しでも止めたいとの願いから実施されたそうです。

毎回大好評の一般開放日。

市場は9:00~11:00なので早起き必至ですが、買い物はもちろん、見ているだけでも楽しめますよ!

 

朝9時から無料で魚河岸汁が振る舞われました。

外国人のツアーや校外学習の小学生の姿もちらほら。賑わっていましたよ。

この日は先着350名に無料でカニ汁が振舞われました。

お出汁がきいていてとても美味しかったですよ。体が温まりました。

 

お魚の展示もありましたよ。

勉強になります。見ているだけでも楽しいですね。

こちらはみんなが大好きなマグロ!

マグロの解体ショーは圧巻です。

一般開放日の人気イベントといえば「地魚の詰め放題」

なんと一袋¥300でお魚が詰め放題なんです!

魚の種類は当日までお楽しみですが、三浦半島で取れる新鮮な魚の詰め放題は大人気。

この日はサバが中心でした。

他にもアジやイワシなどのお魚がたくさん!!

大人も子供も真剣です(笑)

制限時間はありますが、¥300でこんなに取れました!

市場の後は馬車道、日本通りまでベイバイクで移動しましょう。

馬車道まで10分程で着きました。

(横浜市中央卸売市場〜馬車道駅)


絶対立ち寄りたいレトロカフェ

横浜のレトロスポットと言えば山手が有名ですが、馬車道〜日本大通りも歴史的建造物が立ち並ぶ美しいエリア。

居心地の良いレトロカフェがたくさんあるんですよ!

今回は人気のお店を3軒ご紹介します。


Cafe OMNIBUS

1軒目は天井が高く、静かで広々とした開放的な空間が心地よいカフェ オムニバス。

馬車道駅側の歴史的建造物の中にカフェスペースがあるんです。

YCC ヨコハマ創造都市センターに併設しており、クラシックな歴史的建物は横浜らしさを感じます。

ブランチも人気ですが、いちごのムースはさっぱりとして美味しいですよ!

 
 

Cafe de la Presse

2軒目は近いので歩いて移動しましょう。

横浜情報文化センター2Fにあるカフェドゥラプレス。

異国情調あふれる店内はアンティーク家具が並び、ヨーロピアンでクラシカルな雰囲気。

窓からの景色もよく、温かい陽光が差込み、リラックスして過ごせますよ。

近くに弁護士会館や裁判所が並ぶ立地からか、「記者たちのカフェ」や「弁護士たちのカフェ」などメニューも個性的。

カフェに合わせてザッハトルテをどうぞ。本格的で美味しいですよ!

 
 

馬車道十番館

3軒目こちらも歩いて移動。

レンガ作りのお洒落な外観が目印の馬車道十番館。

1970年に開業した古き良き喫茶店。

横浜土産で有名な「ビスカウト」(ポルトガル由来の焼き菓子)を販売しているお店です。

1Fは喫茶と売店、2Fがレストランになっています。

店内は古き良き雰囲気でステンドグラスを通して光が注ぐ心地良い空間。

こちらでは人気の「十番館プディングロワイヤル」をどうぞ。

昔ながらの懐かしい味わいのプリンとフルーツやアイスクリームが盛られたワンプレート。

店内の雰囲気にぴったりなデザートです!

 
 

カフェでのんびりした後は山下公園へ行ってみましょう!

山下公園へは6分程で着きました。

(関内駅〜山下公園西)


横浜一有名な公園

横浜港に沿った1kmの散歩道「山下公園」

横浜一有名な公園で観光やデートの定番スポット。

1930 年に開園した人気の海浜公園で関東大震災のがれきを埋め立てて作られたそうです。

横浜らしい景気を一望できるのはもちろん、マリンタワーや氷川丸など見どころの多い公園。

園内は美しく整備され、四季を通じて美しい花があふれています。

 
 
 
 

公園でゆっくりお散歩後はみなとみらいまでベイバイクで移動。

横浜ランドマークタワー横ドックヤードガーデンまで13分で着きました。

(山下公園〜ドックヤードガーデン)


 紳士淑女が集う大人のバー

英国紳士の社交場を彷彿させる落ち着いた雰囲気のメインバー。

「Royal Ascot」は横浜ロイヤルパークホテル2Fにあります。

70Fの天空ラウンジ「SIRIUS」が有名ですが、ロイヤルアスコットもおすすめです!

世界の名酒やカクテルをかたむけながら大人の時間を満喫できますよ。

お酒の種類も豊富で女性の喜びそうなカクテルからレアなお酒もあるので、お酒好きにはたまらない空間です。

フードも充実しており、ピアノの生演奏もあるのでゆっくり過ごせます。

1日の締めくくりにぴったりですね。

 

インスタ映えしそうな光るカクテル!

飲み終わるまですっと光ってましたよ。

中々お目にかかれない響30年を発見!!

ウィスキー好きは必見です。


最後に

今回もベイバイクを使って移動しました。

好きな時に好きな場所で貸し借りできるので大変便利でしたよ。

今回移動にかかったベイバイク代は¥600(税抜き)でした。

横浜は車道に自転車用の車線がありますので交通ルールを守ってご利用下さいね!

 

ベイバイクは定額で利用出来ること、移動時間の短縮になることが最大の魅力です。

ぜひ皆さんもベイバイクで横浜観光を楽しんでみませんか?


詳細

横浜中央卸売市場

住所:〒221-0054 横浜市神奈川区山内町1番地

連絡先:045-459-3322

 HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/orosi/


Cafe OMNIBUS

住所:〒231-8315 神奈川県横浜市中区 本町6丁目50-1 YCC ヨコハマ創造都市センター 1F

連絡先:045-306-9114

HP;https://yokohamacc.org/data.cgi?id=cafe_omnibus


Cafe de la Presse

住所:〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通11 情報文化センター2F

連絡先:045-222-3348

HP:http://www.alteliebe.co.jp/cafedelapresse/


山下公園

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

連絡先:045-671-3648

HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html


Royal Ascot(横浜ロイヤルパークホテル2Fメインバー)

住所:〒220-8173 横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

連絡先:045-221-1155

 HP:https://www.yrph.com/restaurants/ascot/


このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

Change Language