※現在、新型コロナウイルス感染症により、記事に掲載している店舗や施設等は、営業時間を変更している場合がございます。
事前にホームページ等で確認の上、訪問されることをおすすすめいたします。

紋別市ガリンコ号オホーツク海流氷北海道冬の特集

北海道の冬の名物「ガリンコ号」に乗って流氷を見に行こう!

冬になると北海道の流氷のニュースを見ることがあるかと思います。オホーツク海の名物でもあります。各旅行会社も流氷ツアーは沢山ありますが、流氷だけでなくあちこち観光も含まれていたり、値段が高かったりするので、見てみたいけどなかなか行けないと思っているかも方もいるかも知れませんが、流氷だけ体験できればいいという方もいるかと思います。今回はオホーツク海の真ん中紋別の流氷についてご紹介します。

紋別への行き方

紋別へは羽田空港から紋別空港まで一日1便全日空が就航しています。フライトは約1時間45分です。飛行機の発着に合わせて空港連絡バスが無料で運行しています。

流氷の時期1月の終わりから2月末までは市内観光シャトルバスも運行しているので、このバスを使って市内観光と流氷の観光をすることができます。宿泊は紋別プリンスホテルか紋別セントラルホテルに宿泊すれば、空港からの連絡バスや市内観光シャトルバスを利用することができます。

いざ!ガリンコ号へ

流氷砕氷船ガリンコ号は現在2代目。流氷をガリガリと砕きながら進んで行きます。冬の運行は1月から3月までで、1日でサンライズ、サンセットクルーズを含む7便が運行されています。完全予約制で大人3,000円、小人1,500円です。

ガリンコ号の発着する海洋交流館までは、市内観光シャトルバスで行くことができます。紋別バスターミナルや紋別プリンスホテル、紋別セントラルホテルからも乗ることができ、大人200円、小人100円です。

ガリンコ号の中はとても暖かく快適ですが、流氷をもっと近くに見たいという方は、是非デッキにでて体験していただきたいです。

外にでると感じたことのない寒さで、長い時間はいられませんが、流氷の迫力に感動します。

オホーツクにいる妖精と言えば

ガリンコ号が発着する海洋交流館のあるオホーツクタワーでは、クリオネを見ることができます。

晴れていると穏やかなオホーツク海なので、流氷を見終わったらホテルの周りを散歩して雪深い紋別を楽しんでいただけたらと思います。

詳細情報

名称:オホーツク・ガリンコタワー株式会社

住所:〒094-0031 北海道紋別市海洋公園1番地

電話番号:0158-24-8000 

問合せ:公式ホームページのお問い合わせフォームから問合せ 英語での問合せ可能

公式ホームページ:http://www.garinko.com/

その他:シャトルバスガリア号 時刻表


このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

Change Language