京都阪急嵐山駅常寂光寺天龍寺嵐電嵐山駅竹林紅葉渡月橋

京都嵐山 常寂光寺の紅葉狩り

京都嵐山エリアの中でも、紅葉の名所として人気のある常寂光寺(じょうじゃっこうじ)に行ってきました。

嵐山駅から渡月橋を目指す

通常、寺院の開門は、9:00からです。紅葉狩りの時期は大変混雑するので、8:00には阪急嵐山駅に到着するようにしました。

阪急嵐山駅から渡月橋までは、徒歩10分程度で到着します。

大堰川(おおいがわ)沿いを北上しますが、食べ物を売る露店がたくさんあるので食べ歩きもできます。

真っ青な空と、紅葉のグラデーションに、渡月橋が映えますね!

渡月橋から写真をとると、紅葉が始まっていて綺麗です。

この時間ならば、渡月橋の混雑もありません。

天龍寺から竹林を抜けて

渡月橋を渡り北上すると右側に、嵐電(らんでん)嵐山駅が見えてきます。

ここも、趣のある駅です。駅ナカには、足湯やお土産物屋、タリーズコーヒー、トイレがあるので、便利です。

すぐ左手には、天龍寺入口があります。ここの曹源池(そうげんち)庭園は嵐山を借景(しゃっけい)にとりいれた日本最古の回遊式庭園といわれています。

紅葉も見事ですが、またの機会にご案内します。

しばらく歩くと、竹林の小径(こみち)と、目的の常寂光寺の目印が見えてきました。

途中、地図がいくつかあるので安心です。竹林の小径をぬけて、常寂光寺に行くことにしましょう。

竹林の小径は外国人観光客に大人気のバンブーフォレストです。

着物を着ている女性は、外国人観光客に写真をせがまれていましたよ!

でも10:00をすぎると、このような混雑状態に!

人気の観光地なので、朝一番か、深夜でないとなかなかゆっくりできなくなっているようです。

紅葉真っ盛り

さて、阪急嵐山駅から、ゆっくりあるいて40分弱で常寂光寺に到着しました。

山門の奥には真っ赤な木々が見えています。

拝観料¥500を支払って、見上げると別世界が!

仁王門(におうもん)前が、圧巻です!

さらに、小倉山の階段を登っていくと、紅葉が幾重にも連なっています。

燃え盛るような紅葉で、テンションが上ってしまいました。

本堂前には、このような人だかりが。

ここから、多宝塔(たほうとう)まで、もう少し山を登ります。

重要文化財の多宝塔周囲からは、嵯峨野が見渡せました。

今から約400年前に建造された木造建築が、一段と映えています。

苔の緑色、紅葉落ち葉のコントラストが見事です!

こぢんまりとした寺院ですが、山全体が紅葉で彩られ大満足でした。

この後、二尊院(にそんいん)、祇王寺(ぎおうじ)にいくため常寂光寺を後にしました。


詳細情報

名称:常寂光寺

住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

電話:075-861-0435

公式ホームページ:http://www.jojakko-ji.or.jp/

拝観料:大人¥500

拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)

名称:天龍寺

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

電話:075-075-881-1235(8:30 〜 17:30)

公式ホームページ:http://www.tenryuji.com/

拝観料:高校生以上:500円、小・中学生:300円

拝観時間:8:30~17:30(北門は17時に閉門)

名称:京福電気鉄道 嵐電

公式ホームページ:http://randen.keifuku.co.jp/

このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

言語を切り替える