※現在、新型コロナウイルス感染症により、記事に掲載している店舗や施設等は、営業時間を変更している場合がございます。
事前にホームページ等で確認の上、訪問されることをおすすすめいたします。

四国徳島県大鳴門橋遊歩道渦の道高知県坂本龍馬桂浜四万十川愛媛県道後温泉一六タルト松山城香川県金刀比羅宮食べる

徳島!高知!愛媛!香川!四国周遊ツアーへ行ってきました!

今回は、四国周遊ツアーに参加してきました。

贅沢にも徳島、高知、愛媛、香川と4県を周るツアー!

各県の観光スポットをご紹介します。

徳島県 鳴門海峡のうず潮

まずは徳島県からスタートです。

美しい瀬戸内海の景色。

徳島で有名なのは、大鳴門橋遊歩道の渦の道です。

鳴門海峡のうず潮は、見ごろとなるタイミングがあり、時間帯はその日により異なるそうです。

あいにく満潮の時間から少し経過していたため、渦はそれほど大きくありませんでしたが、満潮時は迫力ある潮の流れを見ることができるそうなので、事前に調べてから行くと良いと思います。

高知県 桂浜と四万十川

続いては高知県です。

高知といえば、坂本龍馬。

桂浜の坂本龍馬像を見学しました。

銅像は、想像していたものより非常に大きなものでした。

やぐらに登って龍馬に大接近できる時期もあるようです。

桂浜は砂浜がとても美しい海岸です。

のんびり海を見ながら散歩もよいですね。


引き続き高知県の四万十川です。

日本三大清流の一つ。今回は四万十川の遊覧船に乗りました。

川と山、自然に癒されます。

数日前に雨が降って少し水が濁っていたようですが、晴天が続くと川の水はもっと澄んでいるそうです。

四万十川の沈下橋(ちんかばし)。

橋には手すりにあたる欄干(らんかん)が無く、雨などで増水した時に川に沈むように設計されているそうです。

愛媛県 道後温泉と松山城

続いて愛媛県に入りました。

愛媛といえば、道後温泉(どうごおんせん)です。

道後温泉本館は、霊の湯(たまのゆ)と神の湯(かみのゆ)の2つの浴室があり、入浴コースが4種類あります。

入浴コースによりお風呂だけの利用や、異なるフロアで休憩できるなど、料金も異なります。

料金は大人410円~1,550円、子供160円~770円、詳細はホームページをご覧ください。

また、道後温泉本館につながる商店街「道後ハイカラ通り」、お土産屋さんもたくさんあります。

道後温泉のお土産で有名な「一六タルト」。

一六タルトのメーカーである一六本舗の道後本館前店のカフェ「一六茶寮」で、道後温泉の賑わいを見ながらのんびりお茶しました。

一六タルト、おいしかったです!

続いて松山城に行きました。

松山城は、賤ヶ岳七本槍(しずがたけのしちほんやり)の一人である加藤嘉明が創設したお城です。

賤ケ岳七本槍とは、賤ケ岳の戦いで豊臣秀吉陣営として参戦し、特に活躍が目覚ましかった七名の武将のことです。

江戸時代以前から建造され、日本に現存している天守「現存12天守」の一つとなります。

標高約132mにあり、ロープーウェイやリフトで上がることができます。

乗車は往復で大人510円、子供260円です。

到着すると、松山城のマスコットキャラクター「よしあきくん」がお出迎えしてくれます。

天守閣からは、松山市内が一望できます。最高の景色です。

天守観覧は大人510円、子供150円です。

香川県 金刀比羅宮

いよいよ、四国最後の香川県に到着です。

香川では、行ってみたかった、金刀比羅宮(ことひらぐう)へ行きました。

金刀比羅宮は「こんぴらさん」とも呼ばれ、親しまれている神社です。

御本宮までの785段の石段を歩きました。

参道から石段が続きます。お店に寄りながら行きたいところですが、今回はツアーなので、寄り道はありません。(汗)

ここまでで365段、大門です。ここから境内の入り口になります。

この先に進むと、「五人百姓(ごにんひゃくしょう)」という境内での商いを許された5軒のお店があり、加美代飴(かみよあめ)というべっこう飴を売っています。

こんぴらさんの名物にもなっていて、中に入っている小さな金槌(かなづち)で飴を割って食べます。柚子の香りがしてとてもおいしいですよ!

まだまだ石段は続きます。竹の杖を借りてよかった・・・(汗)

小林一茶(こばやしいっさ)の句碑(くひ)。

もうすぐで御本宮という前に旭社があります。

旭社は、御本宮の後、帰りに参拝するのが決まりだそうです。

この後は石段を登るのが精いっぱいで、なんと写真がありません・・・・・(ごめんなさい)

785段を上った御本宮は、とても素晴らしかったです。ぜひ皆さんご自身の目で確かめてくださいね。

無事に御本宮での参拝を終えての展望台からの景色、素晴らしいです!

今回は四国全県をぐるっと周りましたが、次回はそれぞれの県をゆっくり観光したくなりました。

皆さんもぜひ、四国に訪れてはいかがでしょうか?


詳細情報

名称:渦の道

住所:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)

ホームページ:https://www.uzunomichi.jp/

名称:桂浜公園

住所:高知県高知市浦戸

ホームページ:http://www.city.kochi.kochi.jp

名称:道後温泉

住所:愛媛県松山市道後湯之町5番6号

ホームページ:https://dogo.jp/

名称:松山城

住所:愛媛県松山市丸之内

ホームページ:http://www.matsuyamajo.jp/

名称:金刀比羅宮

住所:香川県仲多度郡琴平町892-1

ホームページ:http://www.konpira.or.jp/


このページが気に入ったらいいねしてね。

関連コンテンツ

Change Language